本染め風呂敷 宝づくし

本染め風呂敷〈宝づくし〉です。

刷毛引き本染めの風呂敷。生地はシャンタン(木綿)です。





〈宝づくし〉は古くからおめでたい柄として、日本人に愛されてきました。元来、中国に起源をもつ宝物を集めた文様で、室町時代以後に日本でも賞用されてきました。

◦分銅(金の重さを量る)
◦宝珠(願いがかなう珠)
◦宝鑰(宝蔵の鍵)
◦打出の小槌(振ると欲しいものが何でも出る)
◦熨斗(熨斗鮑〈のしあわび〉の略。アワビの肉を桂むきにして薄くのし、紅白の紙を折って挟んで水引で結び、めでたいときの贈答品につける)
◦珊瑚(宝石に加工された)
◦巻物(知識や知恵をさずかる)
◦瓢箪(三拍〈三瓢〉子揃って縁起が良い、無病〈六瓢〉息災)             
◦丁子(香辛料のクローブの日本名、健康を守る)
◦米俵(福俵とも呼ばれ、縁起がよいとされる)
◦金嚢(お金やお守りなどを入れる袋)
◦勾玉(魔よけの装身具)

本染め風呂敷〈宝づくし〉90cm×90cm 生地 シャンタン 
紺地白抜き 2,700円(税込)
定価 2,592円(税込)
販売価格

2,592円(税込)

購入数

Copyright (C) KONDO Co.,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社 近藤染工場
〒070-0031 北海道旭川市1条通3丁目右1号
TEL 0166-22-2255 FAX 0166-24-5406